FC2ブログ
医学博士 森美侑紀が送る
~こころ&からだに
読むサプリ~

大好きなアロマセラピーを中心に、紫外線や活性酸素のお話し、美容と健康に役立つ豆知識など、ちょっと気になる情報を発信していきたいと思います。てんやわんやの日常生活も含めて♪                移転前のブログはこちら→もっと身近にアロマセラピー

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「冬季うつ」アロマでの対処法

2013 - 02/17 [Sun] - 20:03

こんばんは!〝読むサプリ”の森美侑紀です

気になる記事を見つけました
「冬季うつ」

冬はこの時期特有の体の不調を訴える人が増えるが、
放置すると深刻化することもあるのが「冬季うつ」だ。
日本大学医学部精神医学系主任教授の内山真さんが冬季うつについて解説する。
 * * *
 炭水化物や甘いものが無性に食べたくなり、いくら寝ても眠った感じがせず、
倦怠感と憂うつ感でなかなか寝床を出られなくなる。集中力ややる気が失せていつも眠い…。
これが冬季うつの特徴です。
 通常のうつ病とは違う病気で、昼間時間が短くなり、目に感じる光の刺激が減ることで、
精神を安定させる脳内物質、セロトニンが減り、うつ状態を起こすのです。
朝と日中、できるだけ太陽光を浴びるようにし、あまり深刻に生活の責務を課さないこと。
また、冬季うつを理解し、自分の状態を把握するだけで症状が緩和されることもあります。
 病院の治療でも、人工的な光を浴びる療法がとても有効。
昼寝をしてもよいので、朝、思い切って外へ出てみましょう。
 3月ごろに自然に治るのが通常ですが、不安感にとらわれすぎると
春以降にうつ病へ移行する場合も。2週間以上不調が続き、生活に支障が出るなら受診を。
※女性セブン2013年2月28日号

・・・なかなか寝床を出られなくなる、、、
私もそうだけど・・・

心療内科ではセロトニンを脳内に多くするものや
セロトニン再吸収阻害薬などが治療に用いられるそうですが、
アロマセラピーでもセロトニン分泌を促すとされている精油があります。
ラベンダー、カモミール、ネロリ、マージョラムの精油を嗅ぐことで
セロトニン分泌が高まるという報告があります。

ディフーザーでの芳香浴がお薦めです↓
ディフューザー2(1)

ディフューザー(1)

なんとなく憂鬱、やる気が出ない、だるいなどの症状はついつい見過ごしがちですが、
心の病の初期症状である可能性もあります。
なんとなく・・・の声に耳を傾け、
少しでも思い当たる点がある場合は早めの対応が大切

気持ちが進まなくても朝起きて外へ出てみること
自分を追い詰めないこと
そして、香りで脳を刺激すること
簡単に出来ることから初めてみてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hanadayoriyear.blog40.fc2.com/tb.php/67-7e3feab4

 | HOME | 

Twitter...

プロフィール

森 美侑紀

Author:森 美侑紀
皆様はじめまして。
大学や専門学校の講師をしながら、大学院で博士研究員として、活性酸素やアロマセラピーの研究をしています。
プロバスケットボールチーム“大阪EVESSA”公認メディカルアロマトレーナーとして、スポーツ選手のアロマケアにも関わっています。

〝病気にならない身体づくり!”を目標に、こころとからだの健康にお役に立てる情報を発信していきたいと思います。
宜しくお願いします☆

著書:『もっと身近にアロマセラピー』
   (著者名:森 広子)

主催講座↓

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

あし@CM

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。