医学博士 森美侑紀が送る
~こころ&からだに
読むサプリ~

大好きなアロマセラピーを中心に、紫外線や活性酸素のお話し、美容と健康に役立つ豆知識など、ちょっと気になる情報を発信していきたいと思います。てんやわんやの日常生活も含めて♪                移転前のブログはこちら→もっと身近にアロマセラピー

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3の脂肪細胞「ベージュ細胞」とは?

2013 - 01/22 [Tue] - 20:43

こんばんは!“読むサプリ”の森美侑紀です

今日は脂肪細胞のお話を・・・

脂肪細胞はこれまで、余分なカロリーを脂肪として蓄える貯蔵型の「白色細胞」と、
脂肪を燃焼し熱産生する「褐色細胞」が知られていましたが、
Bruce Spiegelman博士を中心とする米Dana-Farber Cancer Instituteの研究チームにより、
“ベージュ脂肪”と呼ばれる新しい脂肪細胞が発見され、
第3の脂肪細胞として注目されています

中性脂肪を蓄える「白色細胞」は加齢と共に増加し、
脂肪を燃焼する「褐色細胞」は加齢と共に減少すると言われています

「褐色細胞」は、カロリーを消費し熱を産生するために必要なタンパク質
“UCP1”を大量に発現しエネルギー消費や体脂肪量の調節に関与していますが、
「ベージュ細胞」ではこの“UCP1”の発現量が低い事が両者の大きな違いです。

しかし「ベージュ細胞」で、寒さ刺激や筋肉運動によって
“Irisin(イリシン)”というホルモンが分泌され、
「白色細胞」が「ベージュ細胞」に変化し、
ミトコンドリア内に高レベルの“UCP1”を発現させることが新たに発見されました。

イリシンの分泌により、褐色脂肪と同程度に効率的にカロリーを
消費出来るようになるとも言われており、
肥満や糖尿病の予防や治療に役立つのではないかと注目されています

寒さ刺激&筋肉運動・・・
どちらも苦手な私ですが、“イリシン”分泌増加のためには
そろそろ、意識改革が必要な時期にきているのかもしれません・・・

僕も“イリシン”分泌に励むぞ~

お家探検


スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hanadayoriyear.blog40.fc2.com/tb.php/56-764ace32

 | HOME | 

Twitter...

プロフィール

森 美侑紀

Author:森 美侑紀
皆様はじめまして。
大学や専門学校の講師をしながら、大学院で博士研究員として、活性酸素やアロマセラピーの研究をしています。
プロバスケットボールチーム“大阪EVESSA”公認メディカルアロマトレーナーとして、スポーツ選手のアロマケアにも関わっています。

〝病気にならない身体づくり!”を目標に、こころとからだの健康にお役に立てる情報を発信していきたいと思います。
宜しくお願いします☆

著書:『もっと身近にアロマセラピー』
   (著者名:森 広子)

主催講座↓

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

あし@CM

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。